ちびあり自転車乗りのブログ

低身長なロード乗りの日記。半年の病気が少し改善し、やっとリハビリ開始!

ロードバイクのサドルの高さの決め方についての話。(続き)

3月にサドルの高さについての決め方をプロのポジションを交え書かせて頂きました。

今回は更に厳密に考え、皆さんのロードバイクライフの一助になれば。

 

 

前回の最後に書きましたが、

 

プロのサドルは基本的には皆さんが思うほど高くありません。

別に私も実際にプロトンの中に入って一人ひとり見た訳ではないので確実ではありませんが傾向として高くはありません。

ロードバイクにおけるサドルの高さとはいくつかの要素が絡みます。

今回の目次。

 

 

1.サドルの高さ(ボトムブラケットからサドルトップまで)

まずは前回のように「ある程度」決めます。個人的には前回の3番目に採用しましたつま先理論を使うことをお勧めします。これでサドル高が完ぺきに決まる人は恐らく10パーセントもいない気がします。(あのエディメルクスもサドル高を頻繁にいじり、レース中に変更させるほどだったそうで。)

それは下の要素があるからです。

 

 

2.クランクの長さ(一般には165㎜~180㎜くらい?)

よく聞くのは身長の10分の1、と言いますがこれはどこの国の人が考えたのでしょうか?フランス人とかなら適用しても問題ないですね。足の長さの身長比率が高いですし、そもそもその国の身体的特徴から導き出されたのであれば正解に近いものではあると思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ただ、身長を基準にするのはいささか安易でしょう。サドルの高さやクランクの長さなんてのは股下がすべてなのだから、上半身を阻害して考えなければ大きく誤差が出てしまう。正直私はクランクの長さの正しい選び方は分かりません。自分で股下を測り、45,6パーセントくらいだったら身長の10分の1くらいでいいとは思いますが速度をひたすら求めるのであれば違うブログで探してみるのをお勧めします(その内私も書くとは思いますが。)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

サドルに話を戻しましょう。

サドルの延長上にクランクがありますね。(サドル高+クランク長が実質的なサドル高)

クランクが短い場合(165㎜と仮定)帳尻合わせでbb~サドルトップは長くなり逆に極端に長ければ(180㎜と仮定)短くなります。長さを間違えてしまうと最大で1.5㎝も差が出ます。(勿論そんな極端なことをする方はごく少数ですので一例として考えてください)

 適切なサドル高はある程度適切なクランク長が必要であるということが理解していただけると思います。

 

 

3.クリート位置(超絶重要、最重要)

これが今回の記事の本題です。クリートの位置は「浅い」「深い」という言い方で表されます。浅いというのはつま先寄り、深いのは踵、土踏まず寄り。

クリートが浅いとサドル高が高くなります。もし高さを変えないと人によっては窮屈になり、浅すぎると踵を上げる努力の為に脹脛を酷使し、酷いと攣ります。

反対に深いとサドル高が低くなります。もし高さを変えなければ足が伸び切り力がうまく入らない、下死点でつっかかる、挙句怪我もする可能性があります。

無論極端なのはダメですが私が個人的に押すのは「深め」です。

少し深めにするというのは第三中足骨のつなぎ目がシャフトの真上に来るくらいです。もっとわかりやすくすると母指球がシャフトより数ミリ前に出るくらいです。1㎝はやりすぎ、ですが人によっては問題ないかも?

前回とこの記事の最初の答えは

「プロは全体的にクリートが深い位置にある」から、です。

深いクリートで有名なアダムハンセンでのインタビューで根拠があります。

 

とある記事でサドルの高さを決めてからクリートの位置を後付けする、みたいなものがあったんですが、これはちょっとどうなのかな?とは思いました。サドルの高さを決めるのに順序はなく全てを平行してやる必要があり、あっちを調整したらこっちを合わせるなんてのは当たり前なので初心者の方は特にそうするべきだと思います。

あとプロが高めのサドルより低めにする可能性が高い根拠もあります。高めのサドルってどうしても膝を怪我しやすいんですよね。ロードレースは冬場以外はすごい数レースに出るので怪我をするのは非常に危険な訳です。その証拠にプロの皆さんは物凄く怪我に対してのケアを重要視しています。マッサージはステージレースでは毎日受けるし、健康管理は厳重です。

 

GCNのチャンネルでは「クリートは何色を使っていますか?」という動画でも意外に日本では「初心者向け」と謳われているシマノの黄色クリートの使用率が高く、赤はスプリンターくらいしか使用していません。少しの可動域がある方が全体的に使われるようです。そして理由が「怪我をするリスクが高い」がで多いですね。(英語の動画ではありますが英語の字幕がきれいですので自動翻訳の日本語でもかなり理解できますから一度ご覧になってはいかがでしょう?)

 

クリートで怪我を気にしているプロ選手がリスクがある高めのサドル高にするか、いや、しないでしょう。

クリートが深く、サドルが低いと一見膝が下死点で150°くらいになりますし、    落差は大きいしであんまり低く見えませんが上記のような理由で大抵のプロはサドルに乗っかった状態で地面にギリギリ足が付くのです。

係数を使用するならちょっぴり股下を切り捨てとかすればいい感じになるかも(笑)

 

4.ペダル及びシューズ、クリートのスタックハイト

 程度はあるので敏感な人は感じますがあまり気にならないでしょう。スタックハイトが1㎝も違えばシムを挟んだ方がいいですけどそれ以下ならあんまり関係ないかな?

まぁペダルメーカー各社で大きな差が無いことが理由でしょうけれど。。

 

まとめ

 いかがでしたでしょうか?

詳しい方は目新しい情報はないかもしれませんが初心者の方にはちょっと気になるところもあるのではないのでしょうか?

人間のカラダと同じようにロードバイクも様々な要素が絡んでいて簡単な解決法など絶対にありません。色々試行錯誤して最高な妥協点こそが答えに近いと思います。

さぁ試行錯誤しましょう!沼は楽しいものです。

 

クリートの決め方も結構重要ですので今度GCNの動画を書き出してみたりしようかなと。

 

今回はここまで。最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

ペダル変更。(LOOK KEO BLADE CARBON)とクリート位置について

タイトル通り変えました。

前々から性能云々ではなくただかっこいいペダルが欲しくて探していました。lookのケオブレードの踏み面のlookというロゴがかなりカッコよかったので目を付けていたところ某オークションでクリート付き新品で10000だったので買ってしまいました。。

 
f:id:be_wind:20180620191549j:image

クリート位置は一番後ろ(かかと寄り)、第三中足骨と基節骨の接続部の少し後ろがスピンドルにドンピシャになる様に。クリート位置ってかなり悩む部分だと思いますが決め方はしっかりあります。あと一応左右に関しては真ん中にしておきます。

 

前までは色んな所で母指球がスピンドルに乗る様に、というのがありましたけで現在では母指球と小指球を結んだ線の中間がスピンドルに来るように、になっているようですね、GCN(grobal cycling network)のyoutubeチャンネルでクリートセッティングもありますがこれも大体は結んだラインになる傾向が高そうです。

 

足のサイズがそこそこ大きい人は問題ないんですけど足の小さい私はクリート穴が比較的前進しているのでどうしても前よりのセッティングになってしまうのでなんとか一番後ろにしてぎりぎりです(笑

 

走った感想

12Nm でしたが結構外すとき固く感じる人もいらっしゃるようだったので不安だったのですが完全に拍子抜けでした。軽ーく捻っただけでパキッと気持ちよく取れます、凄い気持ちいい音で、意味もなく付けたり外したりするほどです(笑)

 

本当に5㎞くらいを低強度で流した程度ですが、踏み込んだ時に小指側が落ちる感覚がします。なんか安定しない感じですかね?上手く伝えられませんが、、。ちょっと不安な感じがするのですがクリート位置と私のペダリングに問題がある可能性が非常に高いのでそこはその内追記します。

 

あとはペダルがくっそ軽いです。

まぁそもそも使ってたペダルがシマノのエントリーモデルのslだったので「よいしょっと」という感じでしたが今回のペダルはペダルの存在感がいい意味でありません。ロングライドにはぴったり適していると思いますよ。

 

今回は適当できですがこんな感じで、、。

 

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ロードバイクのホイール選び!理論からいきましょう(永久保存版)

ど うも、いつもポジションとかペダリングを書いてますが、ネットの記事を見てて色々間違いもあるみたいなので私の意見をズバリと記載しておきます。

今回重要になってくるのは「永久保存版」というフレーズです。

これは何故だかわかりますか?言うまでもないとは思いますが、、。

「ホイールは年々変わっていくから。」

これはとても大事な話なのです。

たとえを出しましょうか。2016年モデルのzonda。これはとても優秀なホイールです。基本的に軽く、リムハイトは低めだがその代わりにリム重量も低く、まぁ、硬すぎないという利点がありました。実際のところ試してはないので数字上の話ですが、基本的にはzondaはあの値段にしてはいい所だと思います。

 

しかーし、2017年のzondaは変わってしまった、、。

ワイドリムっていうのはリムが少し広がりますよね、当たり前ですけど。

それによってリム重量が増えてしまうんですよ、これはいろんな面でマイナスです。

 

最近ワイドリムが流行ってますね。空気抵抗とかタイヤの変形とか。これは今はいいんですけど年数がたってメーカーが「やっぱりこれの方がいいよ」と新しい型を出して買わせる業界なので2016のzondaがいいよ、と言っても10年後には全く市場が変わってる可能性が大です。

 

巷でこんな話があります。

重いホイールの方が慣性で出て速いんダヨ。」

うーん、どこから話したものか。(笑)

慣性っていうのは速度が上がれば上がるほど働いてきますが、自転車の速度程度ではまともに働きません。

 

ここでもう既に破たんなんですが、どうしてこんな誤解が生まれたか。

(詳しい面倒な話なので結論が知りたい人は後ろのほーへ)

理由はあります。重いホイールは車で言う所の「フライホイール効果」が生まれます。まぁペダリングが矯正されやすいんですね。(自分のペダリングを直せるというのではなく勝手に補正が掛かってしまうということです。いいことではありません)

つまり、くそ下手なペダリングでもそこそこ走れるということです。これはロードバイクで上昇志向のある人にはいいことではないですねぇ、、。

誤解の順序を予測してみると恐らくこうです。

 

 

重いと言われるホイールを初心者が購入。

さぁインプレだ!あれ、なんかペダルが回るのぅ、、。速く走れてるじゃないか!!

はっ、重いから慣性が働いたのではないか?それで速く走れたのか?

重いホイールの方が慣性で出て速いんダヨ!

 

実際速くなった感覚は人によっては無きにしも非ず、ですしペダリングが踏む、回す、脱力による回さない、なのかで変わっても来ますが基本的には上のような流れがあってブログ、口コミで広がってこうなってしまったのではないか。

 日本人は皆口コミ大好きですから他人の言葉を1から10まで信じ込んでしまうことがあります。(私はそうでした。(笑))

しかし考えてみましょう。時速50㎞以上の高速の世界で走るプロはそんな重いホイールを使っているでしょうか?正確に言うと「慣性を狙って重いホイールを付けて」いますか?恐らく「ディープリムは重いじゃないか」という人が出てくるかもしれませんが、それは「結果」です。

 あれは時速50㎞前後の世界で多大なる影響を及ぼす空気抵抗の為です。重いのを狙っているのではなく結果的に重くなってしまった、ということが考えられるでしょう。(まぁリムの高さと重量比で慣性モーメントが変わるから重いといえるかどうかはまた別の話だけど(例:20mmで400g、50㎜で400g 意味が変わります。)

 

ここまでは慣性による速度上昇の間違いの指摘。次はペダリングです。

 

重いホイールで高速で回すのは愚行。回すならリム重量が軽いホイールでやれ。

 

という話です。

もしこれを読んでる人の中に初心者ホイールからかなりいいグレードに変えてことがある方は身をもって実感していると思いますが、発進時の軽さ、これが一番ではないでしょうか。発進時というのは所謂ゼロ発進。ゼロから1への加速です。

加速は軽いホイールの方がいいですが、逆に重いホイールはしんどい。これは根本的な重さとリム重量が関係してきます。つまりこうなります。

加速  軽量>重量

 はい、そして巡航速度。(ここでは20分から1時間くらいを想定。)

巡航  軽量<重量

はい、違います。これは間違いです。正確には「初心者及びペダリングが下手な人」に対してだけは正解です。

巡航というのは加速減の繰り返しだから。

1.相対的には軽量リムは慣性が低い。

 ã波形ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

下手な人のペダリング (イメージなので数学的に考えたらおかしいです。多分)

極端というか適当ですがムラがあるということだけ分かって頂きたい。(スプロケットからクランクにかけてのチェーンがびょんびょんする人はまだ上手くはないということです。)

 3時、だけしかうまく力を伝えられない人というのはそれ以降加速することが出来ないので速度が落ちます。(微かに、ですけどね。)逆に重いホイールの場合フライホイール効果で3時以降力をかけなくても比較的落ちるのが緩やかです。

だから下手な人にとっては重い方が速い。

 

2.うまい人はどうなの?

ペダリングがうまいというのはここでいう「ペダリング効率が高い」人です。さっきの人とは違って1時から3時、もしかしたら6時のけりだし、そして引き足区間でマイナストルクを発生させない、としましょう。(ここまで来たらもはやプロですけど。)

 

その人が重いホイールを使うとどうでしょうか。答えは簡単。

「足を無駄に削る。」

さっきも言いましたが巡行は加速減の繰り返し。速度維持というのは減速しないために加速します。加速がしにくいホイールというのはペダリングの多くの区間で力をかけられる人にとっては壁のようになります。逆に軽い、加速しやすいホイールだとどうなるか、ここまでくればもうお分かりでしょう。

「速い。」

加速する区間が多い=減速区間が少ない ということです。

減速しにくいわ、加速しやすいわでウハウハですね。かなり端折りましたがこんなもんです。

 

今回の目的として「ホイール選び」を出しました。結果はこうです。

 

1.これからドンドン速くなりたい!!

→迷わず「リム重量が軽いもの」を選ぶべし!下手なうちは遅いがスキルアップの近道な上に上手くなれば劇的な加速をあなたにもたらす!

2.レースにも出ないし、ゆっくりサイクリングでいいかな!!

→重いホイールの方が長続きします。(スキルアップせずともある程度速度は出るので)ホイール寿命も長いものが多いし。あとは見た目で選ぶといいでしょう!かっこいいと乗りたくなりますからね!

3.迷ってる、今は速くなくてもいいけどどうしよう?

→軽いのを選んだ方がいいと思います。こういう方は最終的にどっぷりつかるタイプです。少なくともいいものを買っておけばいい気分で走れるし、ハマっていきます。もしどうしてもつまらなくなったりしたら友人にでも高く売りつけましょう(笑)低価格で抑えたものを飽きた後売るより、高価なものを後に売った方が純利益が大きいです。やったことがある人なら分かりマスよね?(笑)

 

あ、因みにどうして永久保存版と謳ったかというと、どの年でもこの上の理論は当てはまるので、いいものを見極めるための記事、という意図でつけました。

といった感じで流して書きました。分かりにくいので分かろうとしない方は結果だけ読めばいいというアホみたいな記事になりましたが、参考になると幸いです。

 

ではまた。 

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

 

ロードバイクで速くなるためのトレーニング方法

  今回は簡単だけど、難しい。そんな話を。屁理屈っぽいかもしれませんがやってみる価値があると思ったので書いてみます。

 
    「いつの間にか早くなれる方法」

以前の記事(昨日の記事の①かな?)でプロは脱力が上手という話をしました。ttスペシャリストとかはペダリング効率の神です。如何に必要なパワーを減らし、如何に楽して走るか。(数学みたい

でも足や体がムッキムキですよね?マルティンとか内側広筋凄いことになっていますし、カンチェラーラも例にもれず。(フルームとウィギンスはttをこなしつつ山寄りに体を持ってっているので細いです。心筋パワーもすごいのでしょう。)

それは何故なのか。「体が重いギアに順応した結果」だと私は考えています。

筋トレをする時最初は10㎏でもしんどくても例えば50㎏を持てるようになったら10㎏なんか考えなくても、「力まなくても」持ち上がります。極端な例ではありますし、もちろんその内体の向上限界が来ますが一応理論上?ペダリングにおいて重いギアに心臓や神経、そして筋肉が’順応’した結果が彼らのカラダです。彼らは恐らく地球上で最も自転車に順応した者たちでしょう。

いつの間にか速くなる」というのは意識しなくてもという意味ではありますが計画は必要です。

・計画の立案について

例えば現在自分がいくつのギア比をケイデンスいくつで何分間踏めるのか。それを確認してから目標を設定。

あとはちょっと体がしんどいかも、と感じる強度で走り続けます。そこで体が「トレーニング」に順応するのでクロストレーニングなんかも入れて自分の

精神的順応」ではなく無意識下の 「身体的順応」を変えます。

 

これをやらなければいけない理由として人間は基本的に怠け者だから。という理由が来ます。(これは本人の意志とかそういう意味ではなく遺伝子、古来人類が築いてきたDNAに組み込まれているものです。怠け者、というよりかは「エコ」になるように設定されている。といった方がいいでしょうか。)

ギアに順応するように体がそこに慣れてくると人間は最適化され、そこにとどまる。そしてその領域にとどまる限り向上は絶対に見込めません。

”ちょっとしんどいこと”をすることで身体は成長していくんですよね。

 

  1. 目標の設定・・・これが無いとやる気も出ないし終わりが見えないから。出来るだけ具体的に、可能な範囲で。
  2.  手段の選択・・・どうやってパフォーマンスを上げるかの選択。60分パワーを上げたいのか瞬間スプリントを上げるべきなのか。(※ここで注意、ただスプリントの練習をするとき5秒を何回もやるより3分から1分も絶対に欠かしてはいけない。スプリントの最高出力に持っていきトップスピードに乗せる寸前は神経筋パワーではなく無酸素パワーが関連してくるから。)
  3. 計画の実行・・・少ししんどいと感じる領域の維持に努める。順応し、少し簡単になりセットなどを楽にこなせるようになったら少し力を吊り上げる(休みはしっかりとってください。時には休むのもトレーニングです。)

  4. フィードバックと計画の修正・・・ これは必要に応じて。出来るだけデータを取り日記なんかもつけると正確性が増し、次につながる。           

 

 こんなところでしょうか?偉そうに描きましたが私はまだ机上の空論。思考ではなく実行し結果を残さなければ考えない方がましなものだったりします。初心者が楽しいサイクリングから速いことへの興味を持ち「練習」をしようと思うならしっかりやった方が無駄がなかったりします。(勿論答えを聞くばかりでは成長はできませんが独自の考えがある人から聞き、自分なりにアレンジするという方法は悪くないかな?とも思います。)

 

私はこれで実践してみようと思います。しっかり走って、しっかり食べて、しっかり寝る。休む時は全力で。疲れることだけが必ずしも結果につながるとは限りませんからね、今日はこんな感じで。

ではまた。ありがとうございました~

 

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ロードバイクのペダリングを考えようの回

どうもおはこんばんにちは。あんとでございます。

さて、先日の記事でも書きましたが跳ねた、どころでは無くなりました。

私のポンコツ記事って大体いつも10~40pvくらいなんです。まぁ、連日更新なんてしませんし体調崩してから自転車にも乗れなくなったので書くことが無いなぁなんて思ってたんで妥当か、と思っておりました。

しかし、なぜじゃ、、。s-worksの四苦八苦記事が夕方で

      「1350」

ん?(。´・ω・)ん?、どゆことでしょうか。なんかサイバー攻撃でもされたかしら?

凄い人は一日pv1000なんて鼻で笑えるレベルだとは思います。しかし、前日比が30倍近ければだれだって唖然としますぜ、、。サイバー攻撃やなんかの手違いでないことを祈りつつ、不思議に思いますよホントに。皆さんそんなにtarmac気になるんですかね?「specialized tarmac sl4」って先生に聞くと一ページ目に出るし。まぁ、急成長は急落を招くものなので調子に乗らず身の丈に合わせてゆったりいきましょう。

 

はい、ということで。私のブログに乱立しているペダリング記事をまとめました。

正直自分でも分かりづらかったので。

 

①最初にこちら「初心者の方に向けたペダリング

とは言いますが、これを知らない人はとりあえず読んでみても悪いことはないかもしれませんよ、、?(笑)まぁ、ペダリング記事第一弾といったところでしょうか、「脱力ペダリング」に関してです。

 

②次にこちら「私のもう一つのペダリング

これは「腿上げ」です。脱力ペダリングを知った上で読むのが分かりやすく感覚もつかみやすいかと思います。

 

③最後?にこちら「三つ目のペダリングとホイール相性

 「脱力」「腿上げ」と来て「リレー」です。読んでない方はさっぱり意味わかりませんよね(笑)まぁ、私の感覚を文字に起こすのも難しい部分もあるので読んで頂いた方でもわからないことが多々あるかと存じます。(そこは大目に(´;ω;`)

 ホイールの相性。これは考えないと分からないし、あんまり書いてる記事も無いんじゃないんでしょうか?リム重量とペダリングって例えばスプリントとかにも関係してきます。外周が鬼重いホイールで130rpmとかですぐにぶん回すよりはリムが「強度が気hン的に問題がない限り」極限まで軽い方が速く回せる。巡航では逆なんですよね(o^―^o)

※最後?にしたのは続く可能性が十分にあるからです。

 

 今回は短めですが、これで。みんなで速い方法を探しましょう!!

ではまた

 

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

SPECIALIZED S-WORKS tarmac sl4 納車された件について パート2

 連日投稿の奇跡のあんとです。

どうにも昨日の記事が跳ねまして、続ける気力が出ました。

f:id:be_wind:20180323122512j:plain

前のfeltと似たようなアングルで(ヘッダー映え狙いナリ

f:id:be_wind:20180323122522j:plain

ふむ、いい眺め。(・∀・)ニヤニヤ

 

 インプレ出来るほど体力が戻ってはいませんが一応走りました10㎞程。世間一般ではよく「硬い」とか「足の売り切れ(笑)」とか言われているみたいですね。

私個人としては全くそんなことはありませんでした。

これは明記しておきます。非常によく反応し無理に跳ね返りがあるとはあんまり思いませんでした。足が売り切れる人って多分「踏み込んでる」んですね。見た人は知っているとは思いますが脱力ペダリングは踏み込みません。どうして跳ね返りを感じないかというとまず「体重を使うから」と「重めのギアに対して筋肉が無理な伸展をしないから」です。

 

乗るのがとても楽しい自転車ですね。ハンドルも扱いやすい感覚で送り出された力をかなりの割合で推進力に変えているというか、無駄な感覚がありません。多分kysirium pro sl をつけているから尚更なんでしょうね。今度fulcrum racing quattro lgとかで試しましょうかね。あれは柔らかい感覚がありますし。

 

まだ乗りまくったわけではありませんしもしかしたら乗っているうちに違う感想が出てくるかもしれませんがとりあえずはこんなところです。落差が2㎝増えて7~8㎝くらいになっているので自然なエアロポジションで背中が平行になります、が、しいて言えば慣れない前傾角度まで持って行ったので股間がサドルに押し付けられる感じがねぇ、。

前に座るとそれはそれで刺さるし、後ろすぎると面圧迫される感じでしょうか、ちょうどいいところが見つからなかったらspecializedのpowerかromin買います。(スペシャのサドル欲しい。。

最後にポジションの記載(記録用

 

サドル高   640㎜

サドル後退幅   17㎜

サドルノーズ-ハンドルセンター 490㎜

サドルノーズ-ブラケット    620㎜

ハンドル落差 80㎜(弱?